メニューを開く 検索 ログイン

COVID-19は外科教育をどう変えたか

2021年06月10日 17:43

3名の医師が参考になったと回答 

 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の世界的流行により医学教育の遅延が懸念される。特に外科領域の教育は密閉・密集・密接(3密)を伴う場面が少なくないため、研修・実習の実施には大きな困難を伴う。第121回日本外科学会(4月8〜10日、ウェブ開催)で慶應義塾大学外科学教室(一般・消化器)の堀周太郎氏は、COVID-19流行下における同大学の外科医学教育継続の試みを紹介した。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

先生の1日の平均睡眠時間は?

トップ »  医療ニュース »  2021年 »  学会レポート »  COVID-19は外科教育をどう変えたか

医師の方限定!
初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分ポイントをもれなく進呈

上記ボタンもしくは下記コードを登録時にご入力

MOD536745 有効期限:5月末まで

既に会員の方、過去に利用された方は対象外