メニューを開く 検索を開く ログイン

Google Chromeで「パスワード情報が漏洩しました」という警告が表示された場合の対応につきまして

COVID-19は外科教育をどう変えたか

 2021年06月10日 17:43
プッシュ通知を受取る

2名の先生が役に立ったと考えています。

 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の世界的流行により医学教育の遅延が懸念される。特に外科領域の教育は密閉・密集・密接(3密)を伴う場面が少なくないため、研修・実習の実施には大きな困難を伴う。第121回日本外科学会(4月8〜10日、ウェブ開催)で慶應義塾大学外科学教室(一般・消化器)の堀周太郎氏は、COVID-19流行下における同大学の外科医学教育継続の試みを紹介した。

…続きを読むには、新規登録またはログインしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

薬剤師によるコロナワクチン接種は認めるべき?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2021年 »  学会レポート »  COVID-19は外科教育をどう変えたか