メニューを開く 検索 ログイン

術後オラパリブ、BRCA陽性早期乳がんで著効

第Ⅲ相試験OlympiA

2021年06月10日 16:15

1名の医師が参考になったと回答 

 十分な局所治療および術前/術後補助化学療法施行後の高リスク生殖細胞系BRCA1/2遺伝子変異陽性HER2陰性原発性乳がん患者に対する、術後補助療法としてのPARP阻害薬オラパリブの有効性と安全性を評価した多施設共同第Ⅲ相ランダム化比較試験OlympiAの結果が米国臨床腫瘍学会(ASCO 2021、6月4~9日、ウェブ開催)で発表された。英・Institute of Cancer Research/Kings College LondonのAndrew NJ. Tutt氏らが、オラパリブ群ではプラセボ群と比べ、主要評価項目である無浸潤生存率(iDFS)が有意に良好だったことを報告した。なお、結果の詳細はN Engl J Med2021年6月3日 オンライン版)に同時掲載された。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

経口中絶薬の服薬に「配偶者同意が必要」とする厚労省見解について

トップ »  医療ニュース »  2021年 »  がん »  術後オラパリブ、BRCA陽性早期乳がんで著効

医師の方限定!
初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分ポイントをもれなく進呈

上記ボタンもしくは下記コードを登録時にご入力

MOD536764 有効期限:5月末まで

既に会員の方、過去に利用された方は対象外