メニューを開く 検索を開く ログイン

Google Chromeで「パスワード情報が漏洩しました」という警告が表示された場合の対応につきまして

うつ病の神経刺激療法、有効性が高いのは

反復経頭蓋磁気刺激vs. 経頭蓋直流電気刺激

 2021年06月11日 05:05
プッシュ通知を受取る

 うつ病患者に対する脳神経刺激療法のうち、反復経頭蓋磁気刺激(rTMS)療法と経頭蓋直流電気刺激(tDCS)療法の有効性を比較した試験は行われていないとして、チェコ・National Institute of Mental Health Czech RepublicのMartin Hejzlar氏らは統合解析を実施。結果をNeuropsychiatr Dis Treat2021年5月28日オンライン版)に報告した。

…続きを読むには、新規登録またはログインしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

薬剤師によるコロナワクチン接種は認めるべき?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2021年 »  精神疾患 »  うつ病の神経刺激療法、有効性が高いのは