メニューを開く 検索 ログイン

PSMA標的療法でmCRPCのOS・rPFS延長

非盲検第Ⅲ相ランダム化比較試験VISION

 2021年06月11日 05:00
プッシュ通知を受取る

10名の先生が役に立ったと考えています。

 転移性去勢抵抗性前立腺がん(mCRPC)に対しては第二世代抗アンドロゲン薬をはじめ新たな治療薬の開発が進められているが、予後は依然不良である。近年、前立腺特異的膜抗原(PSMA)を標的とした検討が好成績を示しており、臨床応用が期待される。米国臨床腫瘍学会(ASCO 2021、6月4〜8日、ウェブ開...

…こちらからログインして続きを読む

新規会員登録はこちら

    

新規会員登録はこちら

ワンクリックアンケート

トンデモ医療の被害にあった患者を知っている?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2021年 »  学会レポート »  PSMA標的療法でmCRPCのOS・rPFS延長