メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2021年 »  学会レポート »  PSMA標的療法でmCRPCのOS・rPFS延長

PSMA標的療法でmCRPCのOS・rPFS延長

非盲検第Ⅲ相ランダム化比較試験VISION

2021年06月11日 05:00

11名の医師が参考になったと回答 

 転移性去勢抵抗性前立腺がん(mCRPC)に対しては第二世代抗アンドロゲン薬をはじめ新たな治療薬の開発が進められているが、予後は依然不良である。近年、前立腺特異的膜抗原(PSMA)を標的とした検討が好成績を示しており、臨床応用が期待される。米国臨床腫瘍学会(ASCO 2021、6月4〜8日、ウェブ開催)で米・Memorial Sloan Kettering Cancer CenterのMichael J. Morris氏は、標準治療を対照に既治療mCRPCに対するPSMA標的療法(177Lu-PSMA-617)上乗せの有効性と安全性を検討した非盲検第Ⅲ相ランダム化比較試験VISIONの結果を発表。予後の改善と良好な忍容性が示されたと報告した。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(6月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

各地で連日30℃超えの真夏日が続く。猛暑だと外来患者は?

トップ »  医療ニュース »  2021年 »  学会レポート »  PSMA標的療法でmCRPCのOS・rPFS延長