メニューを開く 検索 ログイン

不妊治療「受けにくい」4割超 意識調査、欧州より高く―少子化白書〔時事メディカル〕

2021年06月11日 14:47

1名の医師が参考になったと回答 

 政府は11日の閣議で、2021年版の少子化社会対策白書を決定した。20~49歳男女に行った不妊治療の意識調査では、受けやすい環境と「思わない」と答えた割合が4割を超え、欧州3カ国に比べ高かったことが判明。理由は「治療費の負担が大きい」が、複数回答で91.8%と最も多かった。

 調査は昨年10月~今年1月、既婚・未婚問わず全国の2500人に実施。1372人(有効回収率54.9%)から回答を得た。国際比較のため、フランス、ドイツ、スウェーデンでも同様に調べた。

 不妊治療を受けやすい環境かどうか聞いたところ「どちらかといえばそう思わない」「そう思わない」と答えた人は日本で44.6%。フランスは12.3%、ドイツは16.6%、スウェーデンは10.0%だった。理由は3カ国とも「治療費の負担が大きい」が多く、最も高かったドイツは76.5%だった。

(2021年0月0日 時事メディカル)

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

5月病の季節。周囲にいますか?

トップ »  医療ニュース »  2021年 »  時事メディカル »  不妊治療「受けにくい」4割超 意識調査、欧州より高く―少子化白書〔時事メディカル〕

医師の方限定!
初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分ポイントをもれなく進呈

上記ボタンもしくは下記コードを登録時にご入力

MOD536818 有効期限:5月末まで

既に会員の方、過去に利用された方は対象外