メニューを開く 検索 ログイン

リツキシマブ投与で中和抗体陽性率6割低下

リウマチ性疾患に対するコロナワクチンの免疫原性

2021年06月14日 18:55

15名の医師が参考になったと回答 

 一部の免疫抑制薬が新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)ワクチンの免疫原性を減弱させることが報告されている(関連記事「抗TNFα製剤でコロナワクチンの効果減弱」)。イスラエル・Tel Aviv Sourasky Medical CenterのVictoria Furer氏らは、一般集団と比較した自己免疫性炎症性リウマチ性疾患(AIIRD)患者におけるSARS-CoV-2ワクチン接種後の免疫原性を調査。その結果、大半のAIIRD患者で免疫原性を確認できたものの、免疫抑制薬を投与している患者では免疫原性が損なわれる傾向があり、抗CD20抗体リツキシマブを投与している患者では中和抗体陽性率が6割近くも低下したと欧州リウマチ学会(EULAR 2021、6月2~5日、ウェブ開催)で発表した。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

5月病の季節。周囲にいますか?

トップ »  医療ニュース »  2021年 »  感染症 »  リツキシマブ投与で中和抗体陽性率6割低下

医師の方限定!
初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分ポイントをもれなく進呈

上記ボタンもしくは下記コードを登録時にご入力

MOD536824 有効期限:5月末まで

既に会員の方、過去に利用された方は対象外