メニューを開く 検索 ログイン

老年医学会、介護施設での転倒予防に声明

リスク評価と積極的介入を推奨

2021年06月14日 15:42

102名の医師が参考になったと回答 

 転落を含む転倒は老年症候群の代表的な症候であり、その原因は多様かつ複合的なため、対策の有無にかかわらず一定の頻度で発生する。転倒による骨折や頭蓋内出血はQOLや予後の悪化を招くことから、介護施設入所者に対して転倒リスクを評価し積極的に介入することが推奨される。日本老年医学会は全国老人保健施設協会とともに「介護施設内での転倒に関するステートメント」を作成、公開した。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

注目コンテンツ

コメント機能は医師会員限定です

コメントの閲覧・書込みは医師会員限定となっております。

新規登録はこちら

ワンクリックアンケート

ビールの苦み成分ホップが精神衛生に良いとの報告。食生活に生かす?

医師アクセスTOP10(当日)

ホーム »  医療ニュース »  2021年 »  学会レポート »  老年医学会、介護施設での転倒予防に声明

医師限定新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
500円分のポイント進呈!

※既にご登録済みの方は対象外

本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

MOD 有効期限:1月末まで