メニューを開く 検索を開く ログイン

トラスツズマブ+Chemoへのペムブロ追加で深い奏効

第Ⅲ相KEYNOTE-811:未治療のHER2陽性胃/胃食道接合部腺がん

 2021年06月15日 18:57
プッシュ通知を受取る

 米食品医薬品局(FDA)は今年(2021年)5月、抗PD-1抗体ペムブロリズマブ+抗HER2抗体トラスツズマブ+化学療法の併用療法について、局所進行切除不能または転移性のHER2陽性胃/胃食道接合部腺がんの一次治療における適応を迅速承認した。同承認は、国際二重盲検第Ⅲ相試験KEYNOTE-811の結果に基づく。米国臨床腫瘍学会(ASCO 2021、6月4~8日、ウェブ開催)では、米・Memorial Sloan Kettering Cancer Center のYelena Y. Janjigian氏がKEYNOTE-811試験の最初の中間解析結果の詳細を報告し、トラスツズマブ+化学療法へのペムブロリズマブ上乗せ投与により、より深く顕著な奏効が得られたことを示した。

…続きを読むには、ログインしてください

ワンクリックアンケート

分科会でロックダウンの法整備求める意見

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2021年 »  がん »  トラスツズマブ+Chemoへのペムブロ追加で深い奏効