メニューを開く 検索を開く ログイン

インド株に対する入院抑制効果9割超

ファイザー製、アストラゼネカ製のコロナワクチン2回接種

 2021年06月15日 17:40
プッシュ通知を受取る

21名の先生が役に立ったと考えています。

 英国公衆衛生庁(PHE)は昨日(6月14日)、ファイザー製およびアストラゼネカ製新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)ワクチンの2回接種によるインド型変異(デルタ)株に対する入院抑制効果が、それぞれ96%、92%に上ることを発表した。

…続きを読むには、ログインしてください

ワンクリックアンケート

分科会でロックダウンの法整備求める意見

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2021年 »  感染症 »  インド株に対する入院抑制効果9割超