メニューを開く 検索 ログイン

コロナ重症化リスクを上昇させる抗リウマチ薬

リツキシマブで4倍、JAK阻害薬で2倍

2021年06月16日 05:10

16名の医師が参考になったと回答 

 関節リウマチ(RA)患者の多くが生物学的または分子標的型の疾患修飾性抗リウマチ薬(b/tsDMARD)を使用しているが、b/tsDMARDの使用が新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に及ぼす影響は明らかでない。米・Brigham and Women's HospitalのJeffrey A. Sparks氏らはCOVID-19に罹患したRA患者において、b/tsDMARDの使用とCOVID-19重症度の関連を検討。その結果、COVID-19罹患時にリツキシマブ(RTX)またはJAK阻害薬を使用していたRA患者では腫瘍壊死因子(TNF)阻害薬使用者よりもCOVID-19重症化リスクがそれぞれ4倍、2倍に上昇した、と欧州リウマチ学会(EULAR 2021、6月2~5日、ウェブ開催)で発表した。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

5月病の季節。周囲にいますか?

トップ »  医療ニュース »  2021年 »  糖尿病・内分泌 »  コロナ重症化リスクを上昇させる抗リウマチ薬

医師の方限定!
初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分ポイントをもれなく進呈

上記ボタンもしくは下記コードを登録時にご入力

MOD536830 有効期限:5月末まで

既に会員の方、過去に利用された方は対象外