メニューを開く 検索

再発・難治性リンパ腫に新たな選択肢

抗CD79b抗体ポラツズマブ ベドチン

2021年06月16日 05:00

1名の医師が参考になったと回答 

 今年(2021年)3月、再発・難治性びまん性大細胞型B細胞リンパ腫(DLBCL)を適応症として、抗悪性腫瘍薬/微小管阻害薬結合抗CD79b抗体薬物複合体(ADC)ポラツズマブ ベドチン(商品名ポライビー、以下、ポラツズマブ)が承認を取得した。キメラ抗原受容体発現T細胞(CAR-T)療法とともに、再発・難治性DLBCLに対する新たな治療選択肢となることが期待されている。製造販売元の中外製薬は6月3日、ポラツズマブに関する記者説明会を開催。登壇した国立がん研究センター中央病院血液腫瘍科科長の伊豆津宏二氏は「自家造血幹細胞移植(ASCT)が難しい高齢患者への新たな治療選択肢となりうる」と指摘した。(関連記事:「ファーストインクラスの抗CD79b抗体薬物複合体がDLBCLに対し国内承認」

…続きを読むにはログイン

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]8月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

AIAIおすすめの記事もどうぞ

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

患者に向かって糖尿病を「とうにょう」と呼ぶことは問題か?

トップ »  医療ニュース »  2021年 »  がん »  再発・難治性リンパ腫に新たな選択肢