メニューを開く 検索を開く ログイン

受動喫煙でRA発症リスク上昇

フランス人女性1万人のコホート研究

 2021年06月16日 18:39
プッシュ通知を受取る

14名の先生が役に立ったと考えています。

 喫煙は関節リウマチ(RA)の最も確立された危険因子だが、受動喫煙の影響は明らかでなかった。フランス・Université Paris-SaclayのYann Nguyen氏らは、同国の女性約1万人を対象に小児期/成人期の受動喫煙への曝露とRA発症リスクの関係について前向きコホート研究E3N-EPICで検討。その結果、「受動喫煙によりRA発症リスクが上昇することが示された」と欧州リウマチ学会(EULAR 2021、6月2~5日、ウェブ開催)で報告した。同氏は「RA予防のため、受動喫煙は可能な限り回避すべき」と述べている。

…続きを読むには、ログインしてください

ワンクリックアンケート

分科会でロックダウンの法整備求める意見

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2021年 »  糖尿病・内分泌 »  受動喫煙でRA発症リスク上昇