メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2021年 »  OTプレスリリース »  名大、CD37を標的とするCAR-T細胞を開発

Oncology Tribune

名大、CD37を標的とするCAR-T細胞を開発

2021年06月16日 17:35

2名の医師が参考になったと回答 

 名古屋大学大学院血液・腫瘍内科学教授の清井仁氏らのグループは、B細胞性悪性リンパ腫などに発現しているCD37を標的とする新規キメラ抗原受容体発現T(CAR-T)細胞の開発に成功したと発表した。

 近年、CD19を標的とするCAR-T細胞療法が承認されて良好な治療効果が得られているが、再発時にCD19陰性となるケースがある。同氏らは新たな標的としてCD37を見出し、臨床応用が可能なCD37標的CAR-T細胞の作成に成功。詳細はJ Immunol 2021年6月7日オンライン版で報告した。今後はCD19とCD37を標的とするDual CAR-T細胞の開発を目指すという。

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(6月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

次の東京都知事、誰に投票する?(全員が東京都民と仮定して)

トップ »  医療ニュース »  2021年 »  OTプレスリリース »  名大、CD37を標的とするCAR-T細胞を開発