メニューを開く 検索 ログイン

イベント上限1万人 まん延防止解除後の経過措置―政府〔時事メディカル〕

 2021年06月16日 16:59
プッシュ通知を受取る

1名の先生が役に立ったと考えています。

 西村康稔経済再生担当相は16日の新型コロナウイルス対策分科会で、「まん延防止等重点措置」解除後のイベント制限について、8月までの経過措置として観客数の上限を1万人とする案を示した。政府は東京都などに発令中の緊急事態宣言を、20日の期限で重点措置に切り替える方向で調整する。

 宣言を重点措置に移行した場合でも、政府は措置を講じる期間を最大1カ月とする方向で検討しており、感染状況が改善すれば7月20日には解除する見通し。この後の新たな経過措置は、同23日に開幕する東京五輪への適用を念頭に置いているとみられる。

 宣言と重点措置の対象地域でのイベント制限は「収容人数の50%を上限に5000人まで」が基本。いずれも解除されれば「50%または5000人のいずれか大きい方」に緩和する。ただ、宣言を解除した地域には経過措置として「上限1万人」の制限を設けているが、重点措置を解除した地域には経過措置を設定していなかった。

 例えば5万人収容の競技場の場合、重点措置が解除されても、経過措置が講じられれば上限は2万5000人ではなく、1万人となる。

じじひょう.jpg

(2021年6月16日 時事メディカル)

1名の先生が役に立ったと考えています。

    

新規会員登録はこちら

ワンクリックアンケート

31日の衆院選挙、投票に行きますか?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2021年 »  時事メディカル »  イベント上限1万人 まん延防止解除後の経過措置―政府〔時事メディカル〕