メニューを開く 検索 ログイン
Oncology Tribune

J&J、遠隔手術指導プログラムを提供開始

2021年06月16日 18:43

 ジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)は本日(6月16日)、オンラインシステムを使った「遠隔手術指導プログラム」の提供を開始したと発表した。

 同プログラムは、5Gなど高速回線を用いなくても配信遅延がほとんどない、リアルタイムな通信を可能にする。同プログラムの有用性と実効性については、2021年4月27日に千葉大学病院呼吸器外科において、肺がん患者に対する単孔式胸腔鏡手術で実証された。執刀経験が豊富な台湾・Koo Foundation Sun Yat-Sen Cancer CenterのLiu Chia-Chuan氏と千葉大学病院の手術室をオンラインで繋ぎ、Liu氏の遠隔指導のもと、 千葉大学病院では初となる単孔式胸腔鏡手術での手術を成功させた。同プログラムによる遠隔手術支援は同社アジア太平洋地域では今回が初の実施例となるという。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

経口中絶薬の服薬に「配偶者同意が必要」とする厚労省見解について

トップ »  医療ニュース »  2021年 »  OTプレスリリース »  J&J、遠隔手術指導プログラムを提供開始

医師の方限定!
初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分ポイントをもれなく進呈

上記ボタンもしくは下記コードを登録時にご入力

MOD536890 有効期限:5月末まで

既に会員の方、過去に利用された方は対象外