メニューを開く 検索 ログイン

アビラテロン上乗せで前立腺がん予後改善

非盲検第Ⅲ相ランダム化比較試験PEACE-1

2021年06月17日 05:10

1名の医師が参考になったと回答 

 転移性ホルモン感受性前立腺がん(mHSPC)の標準治療はアンドロゲン除去療法(ADT)だが、ドセタキセルや第二世代抗アンドロゲン薬、放射線療法の上乗せによりさらなる予後改善が期待されている。非盲検第Ⅲ相ランダム化比較試験PEACE-1では、ADT(+ドセタキセル、放射線療法)へのアビラテロンの上乗せにより予後の改善が示された。フランス・Institut Gustave RoussyのKarim Fizazi氏が米国臨床腫瘍学会(ASCO 2021、6月4〜8日、ウェブ開催)で報告した。

…続きを読むにはログイン

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]6月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

AIAIおすすめの記事もどうぞ

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

政府が日本版CDC「感染症危機管理庁」新設へ

トップ »  医療ニュース »  2021年 »  学会レポート »  アビラテロン上乗せで前立腺がん予後改善