メニューを開く 検索 ログイン
Oncology Tribune

ASCO、BRCA陽性早期乳がんの術後補助療法としてオラパリブを推奨

2021年06月17日 17:32

 米国臨床腫瘍学会(ASCO)は6月16日、ガイドラインのアップデートを行い、放射線治療を含む局所治療および術前/術後補助化学療法施行後の高リスク生殖細胞系BRCA1/2遺伝子変異陽性HER2陰性原発性乳がん患者に対し、1年間の補助療法としてPARP阻害薬オラパリブの投与を推奨すると発表した。

 今回の推奨は、先般開催されたASCO 2021で発表された多施設共同第Ⅲ相ランダム化比較試験OlympiAの結果に基づくもの(関連記事「術後オラパリブ、BRCA陽性早期乳がんで著効」)。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

注目コンテンツ

コメント機能は医師会員限定です

コメントの閲覧・書込みは医師会員限定となっております。

新規登録はこちら

ワンクリックアンケート

冬山登山で遭難。どう思う?

医師アクセスTOP10(当日)

ホーム »  医療ニュース »  2021年 »  がん »  ASCO、BRCA陽性早期乳がんの術後補助療法としてオラパリブを推奨

医師限定新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
500円分のポイント進呈!

※既にご登録済みの方は対象外

本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

MOD 有効期限:1月末まで