メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2021年 »  糖尿病・内分泌 »  胃食道逆流症で男性更年期を診断できる!?

胃食道逆流症で男性更年期を診断できる!?

2021年06月18日 17:30

25名の医師が参考になったと回答 

 加齢男性性腺機能低下(LOH)症候群は、加齢による男性ホルモンの低下に伴う諸症状の総称で、いわゆる男性更年期障害を指す。しかしLOH症候群の身体的症状は多様であるため、どのような症状の患者を診断に必要な血中遊離テストステロン(FT)の測定対象とすべきかは明らかでない。岡山大学大学院総合内科学教授の大塚文男氏は、同大学病院の患者を後ろ向きに解析。FT値と胃食道逆流症(GERD)は有意に相関し、GERDの症状がLOH症候群診断の一助になりうると、第94回日本内分泌学会(4月22~24日、ウェブ開催)で報告した。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(6月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

次の東京都知事、誰に投票する?(全員が東京都民と仮定して)

トップ »  医療ニュース »  2021年 »  糖尿病・内分泌 »  胃食道逆流症で男性更年期を診断できる!?