メニューを開く 検索 ログイン
Oncology Tribune

エーザイ初の抗体薬物複合体でBMSと提携

2021年06月18日 15:38

 エーザイは本日(6月18日)、抗体薬物複合体(ADC)MORAb-202の開発・商業化に関してブリストル マイヤーズ スクイブ(BMS)と提携したと発表した。

 MORAb-202は抗葉酸受容体(Folate Receptor:FR)α抗体に微小管阻害薬エリブリンを結合させたエーザイ初のADC。FRα陽性の固形がん(子宮内膜がん、卵巣がん、肺がん、乳がんを含む)を対象とした米国の第Ⅰ/Ⅱ相試験、国内の第Ⅰ相試験が進行中で、早ければ2022年に承認申請を目的とした臨床試験に移行する予定であるという。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

経口中絶薬の服薬に「配偶者同意が必要」とする厚労省見解について

トップ »  医療ニュース »  2021年 »  OTプレスリリース »  エーザイ初の抗体薬物複合体でBMSと提携

医師の方限定!
初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分ポイントをもれなく進呈

上記ボタンもしくは下記コードを登録時にご入力

MOD536926 有効期限:5月末まで

既に会員の方、過去に利用された方は対象外