メニューを開く 検索 ログイン

高用量IVIGが皮膚筋炎の78%超に奏効

第Ⅲ相ProDERM試験

2021年06月19日 05:00

9名の医師が参考になったと回答 

 米・University of PittsburghのRohit Aggarwal氏らは、皮膚筋炎患者を対象に高用量の静注用ヒト正常免疫グロブリン(IVIG)octagam 10%の有効性、安全性、忍容性を検討する国際第Ⅲ相二重盲検ランダム化比較試験ProDERMを実施。皮膚筋炎に対するoctagam 10%の奏効率は16週時で78.72%であった、と欧州リウマチ学会(EULAR 2021、6月2~5日、ウェブ開催)で報告した。

…続きを読むにはログイン

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]6月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

AIAIおすすめの記事もどうぞ

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

政府が日本版CDC「感染症危機管理庁」新設へ

トップ »  医療ニュース »  2021年 »  リウマチ・膠原病 »  高用量IVIGが皮膚筋炎の78%超に奏効