メニューを開く 検索を開く ログイン

GC療法へのICI上乗せで上咽頭がん予後改善

第Ⅲ相ランダム化比較試験JUPITER-02:抗PD-1抗体toripalimab

 2021年06月21日 05:10
プッシュ通知を受取る

2名の先生が役に立ったと考えています。

 上咽頭がんは中国南部や東南アジアに多く、進行例に対する一次治療はゲムシタビン+シスプラチン併用(GC療法)が標準治療とされている(日本では頭頸部がんに対するゲムシタビンは未承認)。二重盲検プラセボ対照第Ⅲ相ランダム化比較試験JUPITER-02では、未治療の再発または転移性上咽頭がんを対象にGC療法への抗PD-1抗体toripalimabの上乗せ効果を検討。予後の改善が示されたことを中国・Sun Yat-sen University Cancer CenterのRui-Hua Xu氏が米国臨床腫瘍学会(ASCO 2021、6月4〜8日、ウェブ開催)で報告した。

…続きを読むには、ログインしてください

ワンクリックアンケート

分科会でロックダウンの法整備求める意見

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2021年 »  学会レポート »  GC療法へのICI上乗せで上咽頭がん予後改善