メニューを開く 検索を開く ログイン

うつ病の重症化に伴い糖尿病罹患率が上昇

重症例では糖尿病を自覚するも治療率低い

 2021年06月21日 05:05
プッシュ通知を受取る

3名の先生が役に立ったと考えています。

 韓国・Seoul National University HospitalのJaewon Lee氏らは、米国の成人1万4,000人超のデータを用い、抑うつ症状の重症度と糖尿病の罹患率やコントロールの状況などとの関連を検討。その結果、抑うつ症状が重症になるほど糖尿病の有病率および自身の糖尿病罹患を認識している割合(自覚率)が上昇していたにもかわらず、重症者では糖尿病の治療を受けている割合(治療率)が低くコントロール不良であったとBMJ Open Diab Res Care2021;9:e002268)に発表した。

…続きを読むには、ログインしてください

ワンクリックアンケート

分科会でロックダウンの法整備求める意見

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2021年 »  精神疾患 »  うつ病の重症化に伴い糖尿病罹患率が上昇