メニューを開く 検索 ログイン

糖尿病治療薬別フレイルリスクなど明らかに

大都市圏および地方の多施設横断研究

2021年06月22日 05:00

3名の医師が参考になったと回答 

 高齢糖尿病患者に対する薬物治療では、フレイルやサルコペニア、低血糖や合併症に留意する必要がある。御所南はらしまクリニック(京都市)院長の原島伸一氏は、大都市圏と地方における8施設を対象に、薬物治療の実態とフレイルや糖尿病合併症との関連性を検討。その結果を第64回日本糖尿病学会(5月20~22日、ウェブ開催)で発表した。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

5月病の季節。周囲にいますか?

トップ »  医療ニュース »  2021年 »  糖尿病・内分泌 »  糖尿病治療薬別フレイルリスクなど明らかに

error in template: found but mtif was expected