メニューを開く 検索 ログイン

逃避変異株に対応したコロナ治療薬を開発

抗体製剤による治療効果の減弱なし

2021年06月22日 18:30

44名の医師が参考になったと回答 

 京都府立医科大学大学院循環器内科学の星野温氏らは6月21日、新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)が感染する際の受容体であるACE2の蛋白質を改変しウイルスとの結合力を高め、抗体製剤と同等の治療効果を持つウイルス中和蛋白質(改変ACE2受容体)を開発したと発表した。この改変ACE2受容体は、ウイルス変異株による治療効果の減弱が生じず、N501Y変異を有するイギリス型変異(アルファ)株や免疫逃避型E484K変異を有する南アフリカ型変異(ベータ)株にも有効であるという。今回の研究内容はNat Commun2021年6月21日オンライン版)に掲載された。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

5月病の季節。周囲にいますか?

トップ »  医療ニュース »  2021年 »  感染症 »  逃避変異株に対応したコロナ治療薬を開発

医師の方限定!
初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分ポイントをもれなく進呈

上記ボタンもしくは下記コードを登録時にご入力

MOD536972 有効期限:5月末まで

既に会員の方、過去に利用された方は対象外