メニューを開く 検索 ログイン

高齢者のスタチン中止で心血管リスク上昇

2021年06月23日 16:03

9名の医師が参考になったと回答 

 イタリア・University of Milano-BicoccaのFederico Rea氏らは、スタチン系薬を含む多剤を服用している65歳以上の高齢者を対象に、スタチン使用中止の臨床的影響を検証する後ろ向きコホート研究を実施。その結果、スタチン中止群では継続群と比べて心不全を含む心血管疾患による入院、緊急入院、全死亡のリスクが有意に上昇したとJAMA Netw Open2021;4(6):e2113186)に発表した。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

5月病の季節。周囲にいますか?

トップ »  医療ニュース »  2021年 »  循環器 »  高齢者のスタチン中止で心血管リスク上昇

医師の方限定!
初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分ポイントをもれなく進呈

上記ボタンもしくは下記コードを登録時にご入力

MOD536936 有効期限:5月末まで

既に会員の方、過去に利用された方は対象外