メニューを開く 検索 ログイン

SGLT2阻害薬が貧血の発生頻度の低下に関連

2021年06月23日 05:00

19名の医師が参考になったと回答 

 SGLT2阻害薬は、全死亡や心血管死などのリスクを低下させることが複数の臨床試験で示されているが、近年、同薬によりヘモグロビン(Hb)値が上昇したことを示す研究結果も報告されている。名古屋市立大学大学院腎臓内科学の村島美穂氏は、実臨床における腎機能低下例や悪性腫瘍などの合併例を含む幅広い糖尿病患者で、SGLT2阻害薬の使用はHb値の上昇と貧血の発生頻度の低下に関連していたとする後ろ向きコホート研究の結果を第64回日本腎臓学会(6月18~20日、ウェブ併催)で報告した。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

5月病の季節。周囲にいますか?

トップ »  医療ニュース »  2021年 »  学会レポート »  SGLT2阻害薬が貧血の発生頻度の低下に関連

医師の方限定!
初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分ポイントをもれなく進呈

上記ボタンもしくは下記コードを登録時にご入力

MOD536957 有効期限:5月末まで

既に会員の方、過去に利用された方は対象外