メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2021年 »  学会レポート »  HIF-PH阻害薬の最適な対象患者とは?

HIF-PH阻害薬の最適な対象患者とは?

2021年06月23日 05:05

54名の医師が参考になったと回答 

 近年、腎性貧血の治療においては、従来の赤血球造血刺激因子製剤(ESA)とは異なる作用機序を有する経口の低酸素誘導因子プロリン水酸化酵素(HIF-PH)阻害薬が承認され、変革期を迎えている。治療選択肢が広がった今、ESAとHIF-PH阻害薬をどのように使い分けるべきか。昭和大学内科学講座腎臓内科学部門主任教授の本田浩一氏は、第64回日本腎臓学会(6月18~20日、ウェブ併催)で腎性貧血治療における課題と治療薬の特徴について解説し、HIF-PH阻害薬が最適な患者像について考察した。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(4月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

グーグルマップに医療機関への不当な投稿問題、どう考える?

トップ »  医療ニュース »  2021年 »  学会レポート »  HIF-PH阻害薬の最適な対象患者とは?