メニューを開く 検索を開く ログイン

HIF-PH阻害薬の最適な対象患者とは?

 2021年06月23日 05:05
プッシュ通知を受取る

46名の先生が役に立ったと考えています。

 近年、腎性貧血の治療においては、従来の赤血球造血刺激因子製剤(ESA)とは異なる作用機序を有する経口の低酸素誘導因子プロリン水酸化酵素(HIF-PH)阻害薬が承認され、変革期を迎えている。治療選択肢が広がった今、ESAとHIF-PH阻害薬をどのように使い分けるべきか。昭和大学内科学講座腎臓内科学部門主任教授の本田浩一氏は、第64回日本腎臓学会(6月18~20日、ウェブ併催)で腎性貧血治療における課題と治療薬の特徴について解説し、HIF-PH阻害薬が最適な患者像について考察した。

…続きを読むには、ログインしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

東京五輪ここまでで感動した場面は?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2021年 »  学会レポート »  HIF-PH阻害薬の最適な対象患者とは?