メニューを開く 検索を開く ログイン
Oncology Tribune

EZH2阻害薬タゼメトスタット、EZH2変異陽性濾胞性リンパ腫で国内承認

コンパニオン診断薬としてコバスEZH2 変異検出キットも承認

 2021年06月23日 18:21
プッシュ通知を受取る

 エーザイは本日(6月23日)、EZH2阻害薬タゼメトスタット(商品名タズベリク)について、再発または難治性のEZH2遺伝子変異陽性の濾胞性リンパ腫(標準的な治療が困難な場合に限る)の効能効果で日本における製造販売承認を取得したと発表した。

 なお同日、これに伴う形で、ロシュ・ダイアグノスティックスは、同薬のコンパニオン診断薬として同社のEZH2遺伝子変異検出キット「コバスEZH2変異検出キット」の製造販売承認を5月13日に取得したことを発表している。

ワンクリックアンケート

分科会でロックダウンの法整備求める意見

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2021年 »  OTプレスリリース »  EZH2阻害薬タゼメトスタット、EZH2変異陽性濾胞性リンパ腫で国内承認