メニューを開く 検索 ログイン

回復期血漿で血液がんのコロナが死亡率半減

COVID-19 and Cancer Consortium(CCC19)の後ろ向き解析

2021年06月24日 05:00

4名の医師が参考になったと回答 

 米・Advocate Aurora HealthのMichael A. Thompson氏らは、血液がんを有する新型コロナウイルス感染症(COVID-19)患者を対象に、回復期血漿療法の効果を検証する後ろ向きコホート研究を実施。その結果、回復期血漿療法を受けなかった患者に比べ、受けた患者ではCOVID-19診断後30日以内の全死亡率がほぼ半減したとJAMA Oncol2021年6月17日オンライン版)に発表した(関連記事「コロナへの回復期血漿、本当に無効か」「回復期血漿療法、コロナへの効果認めず」)。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

先生の1日の平均睡眠時間は?

トップ »  医療ニュース »  2021年 »  感染症 »  回復期血漿で血液がんのコロナが死亡率半減

医師の方限定!
初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分ポイントをもれなく進呈

上記ボタンもしくは下記コードを登録時にご入力

MOD536928 有効期限:5月末まで

既に会員の方、過去に利用された方は対象外