メニューを開く 検索 ログイン

トファシチニブでコロナ肺炎死亡リスク低下

ブラジル・多施設共同RCT

2021年06月24日 05:10

4名の医師が参考になったと回答 

 ブラジル・Hospital Israelita Albert EinsteinのPatrícia O. Guimarães氏らは、経口ヤヌスキナーゼ(JAK)阻害薬トファシチニブの新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に対する有効性を検討する多施設共同ランダム化比較試験(RCT)STOP-COVIDを実施した。その結果、プラセボと比べてトファシチニブはCOVID-19肺炎による入院患者の死亡または呼吸不全リスクを37%有意に低下させたことをN Engl J Med2021年6月16日オンライン版)に発表した。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

5月病の季節。周囲にいますか?

トップ »  医療ニュース »  2021年 »  感染症 »  トファシチニブでコロナ肺炎死亡リスク低下

医師の方限定!
初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分ポイントをもれなく進呈

上記ボタンもしくは下記コードを登録時にご入力

MOD536942 有効期限:5月末まで

既に会員の方、過去に利用された方は対象外