メニューを開く 検索 ログイン

新規抗CD38抗体が多発性骨髄腫に奏効

イサツキシマブの上乗せ効果を検証

 2021年06月24日 05:15
プッシュ通知を受取る

1名の先生が役に立ったと考えています。

 再発・難治性多発性骨髄腫(MM)に対する抗CD38モノクローナル抗体イサツキシマブ(商品名サークリサ)の有効性と安全性を検証した国際第Ⅲ相非盲検ランダム化比較試験IKEMAについて、無増悪生存(PFS)の結果がLancet(2021年6月4日オンライン版)に掲載された。カルフィルゾミブ+デキサメタ...

…こちらからログインして続きを読む

新規会員登録はこちら

    

新規会員登録はこちら

ワンクリックアンケート

医学・医療情報、主に見るのは...

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2021年 »  がん »  新規抗CD38抗体が多発性骨髄腫に奏効