メニューを開く 検索 ログイン

脊髄性筋萎縮症に初の経口薬が承認

リスジプラム

2021年06月24日 18:51

5名の医師が参考になったと回答 

 中外製薬は昨日(6月23日)、2019年に希少疾患用医薬品の指定を受け申請中だったリスジプラムが脊髄性筋萎縮症(SMA)の適応で承認されたと発表した。わが国では既に2剤が使用されているが、リスジプラム(商品名エブリスディ)は乳児~成人SMAに対する初の経口薬である。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

5月病の季節。周囲にいますか?

トップ »  医療ニュース »  2021年 »  脳・神経 »  脊髄性筋萎縮症に初の経口薬が承認

医師の方限定!
初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分ポイントをもれなく進呈

上記ボタンもしくは下記コードを登録時にご入力

MOD537052 有効期限:5月末まで

既に会員の方、過去に利用された方は対象外