メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2021年 »  学会レポート »  非糖尿病CKDの腎予後予測にAlbが有用

非糖尿病CKDの腎予後予測にAlbが有用

2021年06月25日 11:04

13名の医師が参考になったと回答 

 慢性腎臓病(CKD)患者は並存疾患や栄養摂取制限、食思不振、代謝異常などさまざまな要因から低栄養になりやすいことが知られている。近年、高齢者の栄養指標として登場したGNRI(Geriatric Nutritional Risk Index)が心不全患者や透析患者でも有用と報告されているが、非糖尿病CKD患者における有用な栄養状態の指標についてまだ明確なものはない。第64回日本腎臓学会(6月18〜20日、ウェブ併催)において名古屋大学腎臓内科の立枩(たてまつ)良崇氏らは、非糖尿病進行期CKD患者における腎予後予測因子として血清アルブミン(Alb)が有用であると報告した。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(4月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

グーグルマップに医療機関への不当な投稿問題、どう考える?

トップ »  医療ニュース »  2021年 »  学会レポート »  非糖尿病CKDの腎予後予測にAlbが有用