メニューを開く 検索を開く ログイン

院外心停止後への低体温療法で転帰改善せず

スウェーデン・1,900例のTTM2試験

 2021年06月25日 05:05
プッシュ通知を受取る

74名の先生が役に立ったと考えています。

イメージ画像 © Adobe Stock ※画像はイメージです

 院外心停止後に昏睡状態となった成人患者に対する33℃を目標に行う低体温療法は、37.5℃以下に維持する常温療法に比べて6カ月後の死亡率の低下は示されなかった。スウェーデン・Skåne University Hospital LundのJosef Dankiewicz氏らが、院外心停止患者1,900例を対象としたランダム化比較試験TTM2(Targeted Hypothermia versus Targeted Normothermia after Out-of-Hospital Cardiac Arrest)の結果をN Engl J Med2021; 384: 2283-2294)に報告した。(関連記事「PCI前の低体温療法で院内死亡リスク低減」、「院外心停止の目標体温管理、至適施行時間は」)

…続きを読むには、ログインしてください

ワンクリックアンケート

分科会でロックダウンの法整備求める意見

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2021年 »  循環器 »  院外心停止後への低体温療法で転帰改善せず