メニューを開く 検索を開く ログイン

透析施設のコロナ感染対策、伝播抑える工夫

 2021年06月28日 05:00
プッシュ通知を受取る

8名の先生が役に立ったと考えています。

 透析患者は低免疫状態にあるため新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に罹患すると重症化、死亡リスクが高くなることが知られている。日本国内におけるCOVID-19に罹患した透析患者の死亡率は29.2%(2021年5月27日時点)であり、非透析患者に比べ極めて高率である。十分な感染予防策が必要とされるなか、東京都済生会中央病院腎臓内科の吉藤歩氏と慶應義塾大学病院感染制御部の高野八百子氏は、第66回日本透析医学会(6月4~6日、ウェブ併催)で講演し、透析施設という特殊な環境における感染対策の方法と工夫について解説した。

…続きを読むには、ログインしてください

ワンクリックアンケート

分科会でロックダウンの法整備求める意見

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2021年 »  腎・泌尿器 »  透析施設のコロナ感染対策、伝播抑える工夫