メニューを開く 検索 ログイン

CKD保存期の高尿酸血症薬で低死亡リスク

 2021年06月29日 05:10
プッシュ通知を受取る

30名の先生が役に立ったと考えています。

 藤田医科大学腎臓内科の吉田浩之氏は、第64回日本腎臓学会(6月18~20日、ウェブ併催)で、愛知県内の慢性腎臓病(CKD)保存期患者を対象に行った高尿酸血症薬の投与と透析導入後の予後との関連を検証した研究結果を発表。CKD保存期患者に対する新しいタイプの尿酸生成抑制薬であるフェブキソスタットやトピロキソスタットによる治療は透析導入後の低い死亡リスクと関連する、と報告した。

…続きを読むにはこちら

ワンクリックアンケート

先生は100歳まで生きる?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2021年 »  腎・泌尿器 »  CKD保存期の高尿酸血症薬で低死亡リスク