メニューを開く 検索 ログイン

サイコネフロロジーはなぜ必要か

2021年06月29日 17:15

10名の医師が参考になったと回答 

 サイコネフロロジーをご存じだろうか。がんが心理面、精神面に与える影響を考察するサイコオンコロジーはよく知られるようになったが、慢性腎臓病(CKD)や腎不全でも患者心理は重要なテーマであり、これを対象とするサイコネフロロジーの実践・研究が進んでいる。特に透析は、継続しないと生きられない治療であり、抑うつなどを伴いやすく、脳梗塞や心筋梗塞、糖尿病による壊疽と下肢切断など深刻な合併症も多い。そうした患者の心理面のケアをいかに行うか。第66回日本透析医学会(6月4~6日、ウェブ併催)から埼玉医科大学総合医療センターメンタルクリニック講師で公認心理士の小林清香氏(埼玉サイコネフロロジー研究会)の発表を紹介する。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

経口中絶薬の服薬に「配偶者同意が必要」とする厚労省見解について

トップ »  医療ニュース »  2021年 »  腎・泌尿器 »  サイコネフロロジーはなぜ必要か

医師の方限定!
初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分ポイントをもれなく進呈

上記ボタンもしくは下記コードを登録時にご入力

MOD537118 有効期限:5月末まで

既に会員の方、過去に利用された方は対象外