メニューを開く 検索 ログイン

後発薬、報酬加算廃止も 計24事業で改善点指摘―財務省〔時事メディカル〕

2021年06月29日 14:46

4名の医師が参考になったと回答 

 財務省は29日、政府の事業が効率的に行われているかを点検する予算執行調査の結果を発表した。後発医薬品(ジェネリック)の使用促進に向け、保険薬局を対象に診療報酬を加算する制度について「廃止を含めた見直し」を要求するなど、計24事業の改善点を指摘。各府省に対し、2022年度予算の概算要求に反映するよう求めた。

 政府は23年度末までに、全都道府県で後発薬の使用割合を80%以上とする目標を掲げている。備蓄の管理コストが増えることなどから加算制度を設けたが、後発薬の普及が進んだことから、「これ以上使用割合を高める機能を期待することができない」と判断した。加算額は年1200億円程度という。

jiji_財務省庁舎.jpg

(2021年6月29日 時事メディカル)

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

5月病の季節。周囲にいますか?

トップ »  医療ニュース »  2021年 »  時事メディカル »  後発薬、報酬加算廃止も 計24事業で改善点指摘―財務省〔時事メディカル〕

医師の方限定!
初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分ポイントをもれなく進呈

上記ボタンもしくは下記コードを登録時にご入力

MOD537138 有効期限:5月末まで

既に会員の方、過去に利用された方は対象外