メニューを開く 検索を開く ログイン
Oncology Tribune

進行子宮頸がんへのペムブロリズマブ+化学療法でOS・PFS改善

第Ⅲ相試験KEYNOTE-826

 2021年06月29日 17:41
プッシュ通知を受取る

 米・MSDは6月29日までに、治療抵抗性、再発または転移性子宮頸がんの一次治療として、抗PD-1抗体ペムブロリズマブとプラチナ製剤化学療法(パクリタキセル+シスプラチンまたはパクリタキセル+カルボプラチン、抗血管内皮細胞増殖因子モノクローナル抗体ベバシズマブを併用または非併用)の併用療法を評価する第Ⅲ相試験KEYNOTE-826において、全生存期間(OS)と無増悪生存期間(PFS)で規定された主要評価項目を達成したと発表した。

 独立データ監視委員会の中間解析により、ペムブロリズマブとプラチナ製剤化学療法(ベバシズマブ併用または非併用)の併用療法では、プラチナ製剤化学療法(ベバシズマブ併用または非併用)のみの場合と比較して、PD-L1の発現の有無にかかわらずOSとPFSに統計学的に有意でかつ臨床的に意味のある改善が認められた。また、本試験におけるペムブロリズマブの安全性プロファイルは、これまでに報告されている試験の結果と一貫していたという。

 この結果の詳細は、今後の主要な学会で発表される見込みとなっている。

ワンクリックアンケート

分科会でロックダウンの法整備求める意見

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2021年 »  OTプレスリリース »  進行子宮頸がんへのペムブロリズマブ+化学療法でOS・PFS改善