メニューを開く 検索 ログイン

移植片対宿主病、臍帯血移植で生存率が改善

2021年06月30日 05:00

 同種造血細胞移植による急性白血病治療では、ドナーの免疫細胞により引き起こされる合併症である移植片対宿主病(GVHD)が課題となる。東京大学医科学研究所病院血液腫瘍内科の小沼貴晶氏ら、日本造血・免疫細胞学会のドナー別・移植細胞ソース別ワーキンググループは、日本造血細胞移植データセンターの登録データを後ろ向きに解析し、ドナー・移植細胞の種類によってGVHD発症時の生命予後への影響が異なることを解明。特に、臍帯血を移植した例では生存率が改善したとClin Cancer Res2021年6月22日オンライン版)に発表した。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

先生の1日の平均睡眠時間は?

トップ »  医療ニュース »  2021年 »  がん »  移植片対宿主病、臍帯血移植で生存率が改善

医師の方限定!
初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分ポイントをもれなく進呈

上記ボタンもしくは下記コードを登録時にご入力

MOD537104 有効期限:5月末まで

既に会員の方、過去に利用された方は対象外