メニューを開く 検索 ログイン

超音波でRAとリウマチ性多発筋痛症を鑑別

2021年07月01日 05:00

14名の医師が参考になったと回答 

 関節リウマチ(RA)とリウマチ性多発筋痛症(PMR)は、主に関節炎が起こり関節の痛みで体を動かすことが困難になる。両者は症状が酷似しており、鑑別が困難である。山梨大学病院リウマチ膠原病内科病院准教授の中込大樹氏らは、関節超音波検査を用いてRAとPMRの違いを解明することに成功したとRheumatology(2021年6月23日オンライン版)に発表した。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

経口中絶薬の服薬に「配偶者同意が必要」とする厚労省見解について

トップ »  医療ニュース »  2021年 »  リウマチ・膠原病 »  超音波でRAとリウマチ性多発筋痛症を鑑別

医師の方限定!
初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分ポイントをもれなく進呈

上記ボタンもしくは下記コードを登録時にご入力

MOD537146 有効期限:5月末まで

既に会員の方、過去に利用された方は対象外