メニューを開く 検索を開く ログイン

多剤併用高齢者の2剤同時減薬をRCTで検証

 2021年07月05日 05:05
プッシュ通知を受取る

1名の先生が役に立ったと考えています。

 ポリファーマシー(多剤併用)の解消は高齢者医療における重要課題だが、減薬を安全に行う方法論は確立されていない。国保旭中央病院(千葉県)糖尿病代謝内科部長(現・千葉市立海浜病院糖尿病・代謝内科統括部長)の小林一貴氏は、減薬の有効性と安全性を検証するランダム化比較試験を実施。合剤化を含めた2剤同時減薬による有害性は示されなかったことを、第32回日本老年学会/第63回日本老年医学会(6月11〜27日、ウェブ開催)で報告した。

…続きを読むには、ログインしてください

ワンクリックアンケート

分科会でロックダウンの法整備求める意見

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2021年 »  学会レポート »  多剤併用高齢者の2剤同時減薬をRCTで検証