メニューを開く 検索を開く ログイン

アルファ株、ECMO施行例が若年化傾向

 2021年07月06日 05:05
プッシュ通知を受取る

6名の先生が役に立ったと考えています。

 NPO法人日本ECMOnet理事長でかわぐち心臓呼吸器病院(埼玉県)院長の竹田晋浩氏は、第62回日本臨床ウイルス学会(6月12~13日、ウェブ開催)で、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)流行の第一波から第四波までを振り返り、日本のCOVID-19患者における人工呼吸器および体外式膜型人工肺(ECMO)による救命率は世界トップ水準にあると報告。第四波では、人工呼吸器からECMOへの移行率が第一波の3分の1以下に低下するなど、COVID-19重症例への効果的な対応が確立されてきた一方で、従来株から英国型変異(アルファ)株への置き換わりが進んだことで「ECMOを要する症例は、それ以前に比べて若年化している」と指摘した。

…続きを読むには、ログインしてください

ワンクリックアンケート

分科会でロックダウンの法整備求める意見

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2021年 »  感染症 »  アルファ株、ECMO施行例が若年化傾向