メニューを開く 検索 ログイン

遠隔医療で重度精神疾患のQOL改善?

2021年07月06日 05:15

1名の医師が参考になったと回答 

 統合失調症や双極性障害は疾病負担が大きく、長期にわたる治療を要し再燃および再入院リスクが高い精神疾患であるため、患者のQOLは低下する傾向にある。こうした患者のQOL改善に遠隔医療(telemedicine)は有効性を示すことができるのか―。ドイツ・University Hospital GreifswaldのUlrike Stentzel氏らは、両疾患を持つ重度精神疾患患者を対象に遠隔医療によるQOL改善効果について検討するランダム化比較試験(RCT)を行った。結果を、BMC Psychiatry2021年6月29日オンライン版)に報告した。

…続きを読むにはログイン

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]7月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

AIAIおすすめの記事もどうぞ

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

10日の参院選、投票に行きますか?

トップ »  医療ニュース »  2021年 »  精神疾患 »  遠隔医療で重度精神疾患のQOL改善?