メニューを開く 検索を開く ログイン
Oncology Tribune

「成人後腹膜肉腫診療」のGL案が公開

日本サルコーマ治療研究学会・日本癌治療学会

 2021年07月06日 16:06
プッシュ通知を受取る

 日本癌治療学会は本日(7月6日)、日本サルコーマ治療研究学会とともに作成を進めている『後腹膜肉腫診療ガイドライン』の草案が完成したと発表した。両学会は草案に対するアンケートを実施しており、幅広く意見を集約したいとしている。

 同ガイドラインの対象は成人の初発および再発・切除不能の後腹膜肉腫。これまでに得られているエビデンスに基づく後腹膜肉腫の診断と治療の概要を示すとともに患者アウトカム(正診率、生存率など)を改善することを目的としている。

 日本サルコーマ治療研究学会と日本癌治療学会が中心となり、日本整形外科学会、日本泌尿器科学会、日本臨床腫瘍学会、日本病理学会、日本医学放射線学会、日本婦人科腫瘍学会の協力により作成が進められてきた。

ワンクリックアンケート

分科会でロックダウンの法整備求める意見

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2021年 »  OTプレスリリース »  「成人後腹膜肉腫診療」のGL案が公開