メニューを開く 検索を開く ログイン

歯周病治療で肝炎、大腸がんを抑制

 2021年07月08日 05:10
プッシュ通知を受取る

12名の先生が役に立ったと考えています。

 歯周病はわが国の30歳以上の3人に2人が罹患しており、国民病の1つといえる。歯科領域における重要な課題であるにとどまらず、最近では全身疾患や生活習慣病との関連が報告されるなど、医科領域においても注目されている(関連記事「歯周病による生活習慣病のエビデンス続々」)。横浜市立大学大学院肝胆膵消化器病学教室主任教授の中島淳氏は、歯周病と肝疾患および大腸がんの関連について、自身の研究結果を第21回日本抗加齢医学会(6月25~27日、ウェブ併催)で紹介した。

…続きを読むには、ログインしてください

ワンクリックアンケート

分科会でロックダウンの法整備求める意見

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2021年 »  学会レポート »  歯周病治療で肝炎、大腸がんを抑制