メニューを開く 検索 ログイン

歯周病治療で肝炎、大腸がんを抑制

2021年07月08日 05:10

13名の医師が参考になったと回答 

 歯周病はわが国の30歳以上の3人に2人が罹患しており、国民病の1つといえる。歯科領域における重要な課題であるにとどまらず、最近では全身疾患や生活習慣病との関連が報告されるなど、医科領域においても注目されている(関連記事「歯周病による生活習慣病のエビデンス続々」)。横浜市立大学大学院肝胆膵消化器病学教室主任教授の中島淳氏は、歯周病と肝疾患および大腸がんの関連について、自身の研究結果を第21回日本抗加齢医学会(6月25~27日、ウェブ併催)で紹介した。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

5月病の季節。周囲にいますか?

トップ »  医療ニュース »  2021年 »  学会レポート »  歯周病治療で肝炎、大腸がんを抑制

error in template: found but mtif was expected