メニューを開く 検索を開く ログイン

RSウイルス流行にコロナが影響?

外出自粛でビタミンD欠乏乳幼児増の懸念

 2021年07月08日 17:35
プッシュ通知を受取る

55名の先生が役に立ったと考えています。

イメージ画像 © Adobe Stock ※画像はイメージです

 昨年(2020年)は年間を通じて大きな流行が見られなかったRSウイルス感染症だが、今年に入り患者が増加傾向にある。特に5~6月にかけて急増し(関連記事「RSウイルス感染症、5週連続増加」「RSウイルス感染症、最多を更新」)、現在の調査手法を採用した2018年以降では最多のペースで流行拡大が続いている。第62回日本臨床ウイルス学会会長で東京医科大学小児科・思春期科学分野主任教授の河島尚志氏は、同学会(6月12~13日、ウェブ開催)で、RSウイルス感染症が重症化するメカニズムについて解説。「昨年RSウイルス感染症が流行しなかったことによる免疫力の低下に加え、コロナ下の外出自粛により日光浴をする機会が減少したことで乳幼児のビタミンDが欠乏し、RSウイルス感染症の重症化につながる可能性もある」と指摘した。

…続きを読むには、ログインしてください

ワンクリックアンケート

分科会でロックダウンの法整備求める意見

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2021年 »  感染症 »  RSウイルス流行にコロナが影響?