メニューを開く 検索を開く ログイン

産官学の連携による大規模統合解析コンソーシアムが設立

 2021年07月08日 15:05
プッシュ通知を受取る

1名の先生が役に立ったと考えています。

 東北大学東北メディカル・メガバンク機構(ToMMo)と日本医療研究開発機構(AMED)は7月7日、ToMMoと製薬企業5社の参画による「全ゲノム情報と医療・健康情報の統合解析コンソーシアム」が2021年3月にスタートしたと発表した。既解析分などと合わせ、総計10万人分の全ゲノム解析データの構築を目指すとともに、全ゲノム情報と東北メディカル・メガバンク計画による各種情報と統合的な解析を行い、革新的な医薬品開発の推進につなげたいという。

 参加企業はエーザイ、小野薬品工業、武田薬品工業、第一三共およびヤンセンファーマの5社。個別化・精密化医療の実現に貢献する基盤となることが期待される。

ワンクリックアンケート

分科会でロックダウンの法整備求める意見

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2021年 »  短報 »  産官学の連携による大規模統合解析コンソーシアムが設立