メニューを開く 検索 ログイン

どうする?透析治療"最終段階"の意思決定

情報提供方法やツールなど示す

2021年07月10日 05:00

3名の医師が参考になったと回答 

 厚生労働省は2018年に改訂した「人生の最終段階における医療・ケアの決定プロセスに関するガイドライン」において、アドバンス・ケア・プランニング(ACP)と共同意思決定(SDM)の概念を盛り込んだ。川島病院(徳島県)副院長の岡田一義氏は第66回日本透析医学会(6月4~6日、ウェブ併催)、透析治療におけるACPとSDMを適切かつ円滑に実施するために必要な考え方や、透析患者および家族らに対する情報提供方法、ツールなどを提示し、そのポイントを報告した。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

注目コンテンツ

コメント機能は医師会員限定です

コメントの閲覧・書込みは医師会員限定となっております。

新規登録はこちら

ワンクリックアンケート

冬山登山で遭難。どう思う?

医師アクセスTOP10(当日)

ホーム »  医療ニュース »  2021年 »  腎・泌尿器 »  どうする?透析治療"最終段階"の意思決定

医師限定新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
500円分のポイント進呈!

※既にご登録済みの方は対象外

本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

MOD 有効期限:1月末まで