メニューを開く 検索 ログイン

小児の2型糖尿病、コロナで増加

2021年07月11日 07:00

 昨年(2020年)来の新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の世界的流行で多くの人々が自宅待機を強いられ、日常的な身体活動の機会が奪われることなどにより、2型糖尿病を発症するリスクは増加していると考えられる。そこで米・Pennington Biomedical Reseach CenterのDaniel S. Hsia氏は、COVID-19流行下における小児の2型糖尿病による入院率などを調査。流行下では新規発症による入院率が流行前の約2倍に上ったと、第81回米国糖尿病学会(ADA 2021、6月25~29日、ウェブ開催)で報告した。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

5月病の季節。周囲にいますか?

トップ »  医療ニュース »  2021年 »  糖尿病・内分泌 »  小児の2型糖尿病、コロナで増加

医師の方限定!
初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分ポイントをもれなく進呈

上記ボタンもしくは下記コードを登録時にご入力

MOD537265 有効期限:5月末まで

既に会員の方、過去に利用された方は対象外